2012? – Sakamoto 3.0 [UNTRANSLATED]

Obtained from pastebin.com (5/4/13)

———————————————————————

坂本真綾 (真希波・マリ・イラストリアス役)
自信に満ちていて、しかもEVAに乗れてホントに楽しいんだなっていう気持ちが伝わればいいかなって。

——まず『破』で新キャラクターとして参加された時は、いかがでしたか。

坂本  正直申し上げて『エヴァンゲリオン』には本当にうとくて、そういう意味では先人観なしでフラットに参加させていただきました。『エヴァ』と青春を過ごした熱いファンとは違う立場だからこそお引き受けできたというくらい、実は事の重大さを分かっていなかったところから始まってます。「新キャラが出るってどういうこと?」みたいな気持ちで嬉しいー方、何をもって私にしてくださったんだろうとドキドキしました。キャストを伏せた状態が長く続いていたんですが、発表されたとたん、どこに行っても、ものすごい反響をいただいたんです。スタッフ、キャストをはじめ、親戚や学生時代の友だちまで、ありとあらゆる人から「今度新キャラやるんだって?」と話題にしてくださったんですね。そのとき、これだけ大勢のお客さんに注目されている作品の、すごい重要な役をやらせていただくんだと、後からジワジワと気づいていった感じなんです。むしろそれくらいだからこそ、できたんだと思います。もともとエヴァ好きだったら、きっとプレッシャーに耐えられなかったかもしれませんね。

——『破』ではマリをどう描くかスタッフも悩ましかった中、坂本さんのテストテイクが素晴らしくて、録音に立ち会っていて空気が一変したのを覚えてます。

坂本  オーディションもなくて誰も声を聞いたことがないわけですから、マリとしての正解がない状態だったと思うんです。あの日は本当に見に来られた方が多くて、その視線を感じながら緊張しつつ演じたんですが、一方では楽しくもあったんです。割と自由に演ったら、それがあまりにもすんなりOKが出たんで、本当にいいのかなって不安に思ったくらいです。

——すごく良かったです。新キャラクターがまさに生命を獲得した瞬間でした。

坂本  演じる前には林原さんや緒方さんがロビーにいらして、「ようこそ、このエヴァの世界へ」って言われたんです。「20テイク、30テイクは当たり前だけど、みんなそうだから安心してね」とか言われて、「ええっ?」みたいな(笑)。かなりビクビクしながらブースに入っていったので、あの長いシーンが「今の感じで」とほぼ一発OKだったので「ホントに?」って。あまりにすんなり行ったので、ホッとしたり逆に懐疑的になったりで……。他の方とは絡んでないシーンなので、まずは自分のことだけ考えて集中できたのも良かったですね。マリ自身が初陣でドキドキワクワクしてる感じと、自分自身の心境がうまくシンクロしていたので、緊張感すら良いスパイスになって活かせたという感じだったと思います。

——やはりこの作品は、シンクロ感とライブ感が重要なんですね。

坂本  庵野さんからは「鶴巻に具体的なイメージを任せてあるから」と言われて、現場では鶴巻監督が「こうして欲しい」とおっしゃることが多く、お二人で音響監督みたいな感じでした。『破』の時点ではこの先どうなるか、私自身はもちろん知らなかったですが、皆さんにどう受け止められるかで、以後の役割も変わるんだろうなと思ってました。

ムリせず演じた結果2作目でなじんだ感じに

——スタッフ間でもマリは模索しながらでしたが、坂本さんとしてはどういうアプローチでしたか?

坂本  庵野さんからいただいた「昭和のオヤジ」というキーワードは、はっきりしていて分かりやすくて、やりやすかったです。他のキャラとは全然違っていますし、「なるほど」と腑に落ちた感じです。私も昭和生まれですし、落ちつけるというかムリしなくていいというか。台本上だと「ニャ」という口癖があったり、強気で変わっていて、ぶっとんだセリフもあったり、アニメっぽい可愛らしさもあるんで、自分があまり演ってこなかったキャラクターだと思ったんです。どれくらいつくり込むべきか、ちょっと分からなかったんですけど、フタを開けてみたら、自分から離れることはなかったんです。地声でしたし、かなりムリせずに演じることができましたね。「ニャ」って語尾にしても、「昭和のオヤジ」というキーワードの振れ幅の中で言えばいいんだなと、すごくスッキリしたんです。結局、自分らしいトーンでできて、すごくやりやすいところに落ち着きました。

——それをふまえて、今回の『Q』はどんな感じでしょうか?

坂本  どうやら前回、「ニャ」という口癖と「歌っていた」というとこにインパクトがあったようですね。今回は、そんな特徴をかなり踏襲していると感じました。とにかくずっと歌ってますし、「ニャ」って何度も言ってます。ただ今回は新キャラもたくさん登場しているし、目新しいものがいろいろ登場するので、みなさんの注目ポイントも分散されて、マリに関してはあまりサプライズはないかもしれません。

——その分、2作目にして非常になじんだ感じもしてます。

坂本  ありがたいことに、なじんだ感は私もすごくあります。これだけのチームにポッと入ってくるわけですから、最初は「受け人れてもらえるのかな?」と思ってました。最近の商品でも、以前からのキャラと同等に置かれているのを見て、「ずっといたみたいだな」って。新キャラだったことも、自分でもうっかり忘れてしまいそうなくらい溶け込ませていただいてるし、ありがたいなって思いつつ、すごくやりがいを感じています。今回の『Q』でも私と同様にドキドキしながら入ってきた新キャラがいっぱいいますが、私も1作分だけ先輩として落ちついてできたかなって。

楽しそうに鼻歌をずっと歌っているマリ

——前作との間に14年経過してたり、アスカと呼吸を合わせて戦っていることなどは、どんな説明がありましたか?

坂本  実は物語そのものの流れは、よく理解してなかったかもしれませんね。私の出番は戦闘シーンが多かったので、どういう敵と戦っているかとか、誰とどれくらいの距離にいるのかとか、そんなことを中心に考えてました。物語や設定は、正直よく分からないです。新キャラさんとも絡まないし、戦闘要員という感じでしたから。ただ、相変わらずひょうひようと、あまり悩んだりせずに、我が道を行くみたいな感じで演じてました。

——また「昭和の歌」を歌ってますね。

坂本  アバンではOFF(画面内にキャラが写っていない状態)でずっとマリの歌が聞こえているので、「アカペラで、お願いします」と懐メロを3~4曲、フルコーラスで歌った中から選ばれてます。すっかり鼻歌キャラになったなと(笑)。何か作業しながらだとは思うんですが、「あいかわらずマリは楽しそうだなあ、いいなあ」って思いつつ、とにかく楽しさが伝わるようにと思いました。

——役の解釈としては、他にどんなことを感じられましたか?

坂本  最初に庵野さんがおっしゃったことで印象に残っているのが、「言動と行動に差がない人」という言葉なんですね。裏表をそれほど考えなくていい。一貫して自分のやりたいことと言動が一致している。深みはもちろんあるにしても、裏の裏をかくとか考えなくてよくて、どちらかと言えばシンプルな人だって。実は最初に台本やキャラ表を見たときには、可愛かったり強気だったりいろんな顔を持っているけど、ホントはどんな魂胆があるんだろうって、まだ見えてないちょっと不思議な部分を感じてたんです。でも、彼女の行動に関してはあまり裏がなくて、グチグチ悩んだりもしないし、誰かを陥れたりするタイプでもない。どちらかと言えば、他の人たちよりも分かりやすいんです、この人はということを言われました。それで「あまり悩まなくていいな」と思ったんです。台本に見えてる部分に素直に演じていけばいいんだなと。ですから、今回も考えすぎないようにしています。周囲の状況に引っ張られず、常にマイペース。自分の持ち味を分かっていて行動している人。どんな状況であれ、割とポジティブだったり、自分に対する自信がすごくある人。そんな感じですね。特に戦闘シーンばかりだったので、自信に満ちていて、しかもEVAに乗れてホントに楽しいんだなっていう気持ちが伝わればいいかなって。

マリのことをもっと深く知りたい

——裏がないとは言いつつ、マリは独特の余裕がある表情も見せますよね。

坂本  どこか達観したような落ち着きがあるのかなと。何か俯瞰で見ているような視点もあり、客観的でもありますよね。だから余計にシンジとは同じところで会話していない感じになるんです。実はいろんなことを経験している人で、そういう余裕かもしれませんね。設定としては、私は分かってないんですが。

——今後への期待はありますか。

坂本  せっかく出てきた新キャラですから、可能な限り活躍してもらいたいです。今回もうちょっと出自が分かるかと思ったら、保留みたいになったので、次回ではいろんな謎が解明されるのか、マリのことをもっとよく知りたいと思ってます。『Q』は収録も順調で、さくっと戦闘して「お疲れさまでした!」みたいな感じ。知りたいと思っていたことが先延ばしになったので、早く知りたいなと。いつも台本いただくまで何も知らない状態なので、私自身も楽しませていただいてます。

——『Q』という作品に対しては、どんなことを感じられましたか。

坂本  『破』の時は、TVシリーズの場面もある中にマリがいるという感じだったので、勉強してきました。でも今回は、まるで知らないキャラがいる時点で驚いたし、設定にしても「完成品を観るまでいいや」とあきらめた部分もありました。

——ピンポイントで美味しいところを持ってく印象もありますね。昭和歌謡曲だけでなく、アニソンもありましたし。

坂本  『グランプリの鷹』(’77)なんて生まれる前の作品で知らなかったし、「歌いながらセリフに移行してほしい」って言われて(笑)。シリアスな場面はあまりなく、かと言って不真面目でもなくて、いつもニャニャしながら生き生きと活躍してますよね。サバサバしていてからっとしていて、他のみんなとあまりにも違い過ぎるから、それがいいなと思っています。

——最後に、みなさんへのメッセージをいただけますか。

坂本  まずは、マリをたくさんの方に受け止めていただいて、とても感謝しています。私としても、普段あまりできないような経験をさせていただける現場なので、刺激的ですし勉強になりますし、参加させていただいて良かったなと思います。たぶんこの先も、マリが私に残してくれるものって、ものすごく大きいと思ってます。何によらず新しいものって、普通に違和感があると思うんです。『破』ではその異物感こそが私の役割でしたが、想像以上にみなさんに受け人れられ、盛り上がっていただけて、ホントに嬉しかったです。もうずっといたんじゃないかって、私自身が思えるくらいになじませていただいたのも、みなさんのおかげです。『破』が公開になるまで不安もあったんですが、新作が楽しみになるくらいになりましたし、みなさんに育てていただいたキャラクターという気がしてます。ですから、最後までマリが何のために入ってきたのか、私といっしょに見届けていただけたらと思います。
さかもと・まあや 東京都出身。フォーチュレスト所属。代表作は『天空のエスカフローネ』(神崎ひとみ役)、『トップをねらえ2!』(ラルク・メルク・マール)、『荒川アンダーザブリッジ』(ニノ役)など。歌手としても大人気で、アルバム多数。

Advertisements